トップページ > こんなときには > 第三者の行為による病気やケガ
 
健康保険組合にすぐ届け出を!!
 

交通事故(自動車事故等)や、けんか・犬にかまれたなど第三者の行為によるケガでも健康保険で治療が受けられます(本人・家族)。治療費は本来、加害者(第三者)に支払ってもらうものですが、一時的に健康保険組合が立て替え払いをし、その治療費を第三者に請求します。したがって健康保険で治療を受ける場合は、必ず健康保険組合に届け出(連絡)をしてください。

 
※保険証を使って治療したときは必ず健康保険組合に「第三者行為」の届け出をしてく ださい。
業務上(仕事や通勤途中)での病気やケガは労災保険の取り扱いになります ので、保険証はつかえません。すみやかに事業主に届け出てください。
 

Copyright (C) 2005 国際自動車健康保険組合 All Rights Reserved.