トップページ > こんなときには > 接骨院・整骨院で健康保険が使える場合と使えない場合
 

健康保険と契約を結んでいる接骨院・整骨院(柔道整復師)では、医療機関の場合と同様に保険証等を提示することによって施術が受けられるしくみになっています。しかし、健康保険が使えるケースは限られていて、それ以外は全額自己負担になります。

 
【健康保険が使える場合】
骨折・不全骨折(ひび)・脱臼
※応急手当以外では医師の同意が必要です 。
打撲・ねんざ・挫傷(出血を伴う外傷を除く)
※病院(医療機関)と重複受診している場合は原則として健康保険は使えません。
 
【健康保険が使えない場合】  全額自己負担
× 加齢からの痛み(五十肩・腰痛)
× スポーツなどによる肉体疲労改善のためのマッサージや温・冷あん法治療
× 脳疾患後遺症などの慢性病
× 神経性の筋肉も痛み(リウマチ・関節炎など)
× 「打撲・ねんざ・挫傷」で同一部位の治療を外科・内科・整形外科などを受けながら、同時に整骨院などにもかかっている場合
× 特に症状の改善のみられない長期にわたる漫然とした施術
病気やケガの場合は、医療機関を受診してください!!
 
■支給申請書の内容をよく確認して捺印または署名を!!
接骨院・整骨院で健康保険を使って施術を受けた場合、「柔道整復術療養費支給申請書」の受取代理人欄に必要事項を記入・捺印して、接骨院・整骨院に提出します。その際、以下のことにご注意ください。

(1)傷病名・負傷原因・施術内容・施術部位・施術回数などをよく確認する。
(2)必ず自分で捺印または署名する。
(3)領収書は必ずもらう。
(4)受診記録をつけておく(負傷原因や施術部位、施術回数、一部負担金の額など)
 
■医療費適正化の為に照会を行うことがあります!!
健康保険組合は保険料をムダにしないよう医療費の適正化に取り組んでいます。
接骨院・整骨院で署名・捺印した「医療費支給申請書」は、そのつどチェックを行っています。健康保険組合から内容の照会を行うことがありますので、ご了承ください
 

Copyright (C) 2005 国際自動車健康保険組合 All Rights Reserved.