トップページ > こんなときには > 入院時の食事代
 
高額医療費(本人高額医療費と家族高額医療費)
 
重い病気にかかったり、長期入院して医療費がかさむと3割の自己負担でも大きな額になります。被保険者(本人)、被扶養者(家族)どちらでも、このような場合の負担を軽くするために、一定の額(自己負担限度額)を超えた場合、後日健康保険組合から「高額医療費」として支給されます。
【高額医療費】
高額医療費は、平成27年1月診療分より法改正で変更となっておりますので、健康保険ガイド>保険給付とはを参照ください。
 
【合算高額医療費】
同一世帯で1ケ月に2人以上の負担額がそれぞれ21,000円以上になり、これらを合わせて自己負担限度額を超えたときに合算高額医療費を支給。また同一月に2つ以上の医療機関にかかりそれぞれ21,000円以上の負担額となり、自己負担限度額を超えた場合も支給されます。
 
○高額医療費が多数月発生した世帯への負担軽減措置
同一世帯で高額療養費が1年間に4回以上発生した場合、4回目から自己負担限度額が以下のように引き下げられます。
一般 44,400円
上位所得者※1
83,400円
低所得者※2
24,600円
※1 上位所得者とは被保険者(本人)の標準報酬月額が56万円以上の人
※2 低所得者とは住民税非課税世帯に属する人
 
○長期高額特定疾病患者の負担軽減措置
血友病、血液凝固因子製剤によるHIV感染者、または人工透析を必要とする慢性腎臓疾患の長期療養患者については、自己負担額が10,000円/月になります。
 

Copyright (C) 2005 国際自動車健康保険組合 All Rights Reserved.