トップページ > こんなときには > 病気やケガで会社を休んだとき
 
【傷病手当金】

被保険者(本人)が業務外の病気やケガの治療のために仕事につけず給料がもらえないときは、本人とその家族の生活のために「傷病手当金」が支給されます。

□支給をうけられる条件
1.病気やケガのための療養であること。(自宅療養でもかまいません)
2.病気やケガのため仕事につけないこと。
3.4日以上休んだとき。
4.給料の支払いがないか、少ないこと。
※支給は連続した3日間は待機期間として支給されません。4日目から支給されます。
※支給を受けられるのは以下の4つの条件にすべて該当したときです。
 
□支給される期間
休んで4日目から1年6ケ月(18ケ月)
※18ケ月の間に出勤された日があっても延長されません。
 
□支給金額
1日に標準報酬日額の2/3です。
老齢厚生年金、障害厚生年金等を受給している場合は傷病手当金の方がその受給額よりも高額の場合に限り差額が支給されます。
 
 

Copyright (C) 2005 国際自動車健康保険組合 All Rights Reserved.