トップページ > 各種検診のご案内
 
 
全従業員の疾病予防・健康管理と、労働安全衛生法に定められた検診を目的として年2回行います。(事業主が行う健診です)
 
40歳から74歳の被保険者と被扶養者を対象にして、「生活習慣病・予防の徹底」を図り、医療制度の持続を目的に、平成20年4月から特定健診が健康保険組合に義務付けられました。毎年、被保険者は会社が行う、夏の定期健診時に実施します。
被扶養者の特定健診について  ←クリック
 
40歳以上の被保険者で希望する方を対象に、年1回大腸ガン検査を実施しております。大腸ガンは早期に発見し治療すれば治癒率が非常に高いガンです。早期発見するためには、出血が少ないときに気づくことが大切です。簡単にできる採便による検査です。食事の制限がなく簡単に受けられる検査です。(夏の定期健診時に実施)
 
40歳以上の被保険者で希望する方を対象に、年1回PSA検査を実施しております。
PSA検査はスクリーニング検査の一つで、前立腺がんの可能性がある人を見つけるための検査です。血液検査時に一緒にでき血液中にある前立腺に特異的なタンパク質の一種「PSA」の値を測定するものです。(夏の定期健診時に実施)
 
主婦は家族の健康管理のカナメです。まず主婦が健康であることが大切です。
健康 保険組合では医療機関と契約し、35歳以上の被扶養者を対象に主婦検診を実施しております。生活習慣 病のほか、子宮ガン、乳ガンなど、早期治療を行い治癒した例がありますので、ぜひ おすすめします。
 
 
 

Copyright (C) 2005 国際自動車健康保険組合 All Rights Reserved.